ごはん茶碗 流れ織部

流れ織部シリーズ第2作目は、ごはん茶碗です。前回の湯呑に続き日常的に使う食器から揃えることにしました。高名な陶芸家の作品は戸棚に飾ることが多いでしょうが、自作の食器は壊れたらまた作ればよいという気持ちで気軽に使えます。 ごはん茶碗 流れ織部 今回は、素朴な感じを出したかったので粗めの土を使いました。外側は特に粘土の粒が浮き上がっています。持った感じは少し凸凹していますが、手に引っ掛かるので滑って落とすことはなさそうです。 ごはん茶碗 流れ織部 外観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログに戻る